トップページ

denim NAVI

アメリカの歴史とともに進化したデニム

どんな服とでも相性が良いから、素材自体が丈夫だから、ポケットがあり使いやすいから、汚れが目立ちにくいからなどという理由からデニムをはいているという愛用者の方も多いのではないでしょうか。
1970年代に当時のアメリカの労働者が今使っているすぐすり切れてしまうズボンではなく、丈夫なズボンがほしいという要望により誕生したのです。
ネヴァダ州のリノの仕立て屋で、サンフランシスコの織物商人から仕入れた白い丈夫な綿帆布を生地に利用し、世界初で製造されたのです。
馬用の防寒のためのブランケットにストラップをつけるために使っているりヴェットを、大胆にもズボンの隅に打ち付けたことで強度がまし、より丈夫で長持ちするズボンとなったのです。これが評判になり、当時の大ヒット商品となったのです。
そして、1911年にオーバーオールが製造されたのです。デニムはワークウェアとしての地位を確立したのです。
その後カウボーイが身に着けたことにより、映画などから、一般に普及して着用されるようになったのです。
アメリカの歴史とともに進化し、色落ちや汚れを楽しんだり、マニアに中で古いデニムが高額で取引されていたりと独特の文化を持っているのです。

デニムの生地の特徴と魅力について

デニムはジーパンなどの素材として使われている厚手の生地の総称です。
綾織りに織られており、非常に丈夫で、紺色が基本色です。独特の色合いはインディゴによって染めた糸と染めていない糸の組み合わせにより作られています。
ヨコ糸は基本的には綿糸ですが、麻糸やウール、レーヨン、ポリエステルなどの糸が用いられる場合もあり、どのような糸を使用しているかによっても生地の触り心地やイメージが変わってきます。
こうした素材で製造されたジーンズのパンツやスカートなどのカジュアルファッションは、子供から大人まで幅広い年齢層に愛されています。
ジージャンと呼ばれるジャケットなども、春先などによく着用している人が見られます。
また衣服のみならず、デニムを使用した鞄や帽子、ポーチなどの小物類など、さまざまなアイテムがあり、しっかりした布地と飽きのこない風合いが魅力です。
このデニムの生地は、使用すればするほど味が出てくるので、ジーパンでも古着の魅力にとりつかれるファンも多いのです。製造してから一度もウオッシュされていない物も、ジーンズファンには人気がありますが、そうした生地の場合洗濯すると少しサイズが縮みます。
自分の履き方に合わせて、ワンウオッシュタイプか洗っていないものかを選ぶと良いでしょう。

check

ダイビング 東京
http://www.eastdive.com/
賃貸 木場
http://www.siderpartners.jp/
金儲け 方法
http://www.sakimono-mentor.com/
卒業式 袴 レンタル
http://www.sotsugyo-hakama.com/
気功 治療
http://fukadakenkou.com/

最終更新日:2016/5/18

COPY RIGHT (C) denim NAVI. ALL RIGHT RESERVED